世界市場で崖っぷちのNTT、ドコモ完全子会社化は“生き残る最後のチャンス”

 9月29日、NTTは上場子会社のNTTドコモの完全子会社化を発表した。それに伴い、NTTは約4兆2500億円を投じてTOB(株式公開買い付け)を実施する。その狙いは、NTTグループ全体の新技術開発のための経営資源の効率化によって、かつてのNTTの国際競争力を取り戻すことだ。世界市場で取り残されつつあるNTTグループにとって、世界市場で生き残りを目指すほとんど最後のチャンスとの強い危機感がある。

 わが国では、人口の減少もあり経済が縮小均衡に向かいつつある。一方、海外では米中が先端技術を激烈な競争を展開している。そこにコロナショックが発生し、人々の生活と経済活動のためにデジタル技術の重要性が急速に高まった。NTTは今、自力で必要とされる高付加価値のモノやサービスを創出しなければ、世界市場で生き残りが難しくなるだろう。それはNTTグループだけではなく、IT後進国と揶揄される日本の事情にも当てはまる。

 今後、NTTグループが糾合することで、かつての競争力を取り戻すことができれば、国内産業界にとっても一つの柱ができる。経済にも大きなベネフィットがある。NTT経営陣が、ゼロからスタートする気概を持ち、旧来の慣習や発想にとらわれることなく積極果敢に改革を進めて組織を一つにまとめ、ひたむきに成長を追求し、実現することを期待したい。

コロナショックはほとんど最後のチャンス?

 NTTがドコモとの経営統合を発表したのは、現在の事業環境が国際市場における生き残りを目指す数少ないチャンスとの認識がある。最も重要なことは、コロナショックによって、NTTグループ全体が事業環境の変化に遅れていることがはっきりしたことだ。そして、これ以上遅れると、世界の先進企業に追いつくことがほとんど難しくなる。その意味では、コロナショックは、NTTグループと日本にとって、ほとんど最後のチャンスといえるかもしれない。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。