再び“空車地獄”に陥ったタクシー業界の信じられない惨状…大手が休車に踏み切らない事情

「毎年1000万円あった年間売り上げが、昨年は700万円まで落ちたよ」――あるタクシー会社のドライバーがこぼした。営業成績トップのドライバーだが、84万円をキープしていた月間の売り上げは55万円に下がり、「年収は約600万円から400万円に落ち込んだ」と語る。月収レベルで50万円から33万円という下がり方だ。

 固定給など存在しないオール歩合制のタクシードライバー。その収入は景気に左右される。昨春の緊急事態宣言で客足そのものが減り、同時にテレワークの加速で街中の営業マンも少なくなった。バイトドライバーである筆者の場合、忘年会で忙しくなるはずの12月は平年なら65万円程度の売り上げがあったが、昨年は40万円ちょっとだった。

 そして、年明けに2度目の緊急事態宣言が発令され、再び街から人の姿が少なくなった。乗客のいない駅で客待ちをするほど、つらいものはない。夜がまるで動かないため、筆者は隔日勤務(1日おきの勤務)から日勤(昼間だけの連日勤務)に代えてもらったが、同じように勤務体系を変えた夜勤(夜間だけの連日勤務)ドライバーを10人ほど目にした。

飲食店の時短営業や成人式中止が大打撃に

 緊急事態宣言が再発令された1月8日(金)は、信じられない数字を目にした。筆者が勤務する事務所に貼り出されたドライバーごとの平均売り上げが、何と2万円台前半(税別)にまで落ち込んだのだ。ちなみに、前年同日=3連休直前の金曜日は平均4万3000円。今年は、その半分以下である。最大手の日本交通も、ある営業所では平均売り上げが3万円(税別)にまで落ち込んだという。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月18日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。