ワンオクTaka、ジャニーズ時代の“ロック伝説”…Mステで襟裳岬、ローラとの交際報道

 メンバー全員が元ジャニーズJr.という異色の7人グループ「7ORDER」がこの1月13日、日本コロムビアよりメジャーデビューを果たした。メンバーの安井謙太郎(やすい・けんたろう/29歳)、真田佑馬(さなだ・ゆうま/28歳)、諸星翔希(もろほし・しょうき/26歳)、森田美勇人(もりた・みゅうと/25歳)、萩谷慧悟(はぎや・けいご/24歳)、阿部顕嵐(あべ・あらん/23歳)、長妻怜央(ながつま・れお/23歳)は、かつてジャニーズJr.内のユニット「Love‐tune(ラブトゥーン)」として活動し、横浜アリーナなどで単独ライブを開催するほどの人気を誇っていた。

 バンドスタイルを軸に、ロックやEDMなどさまざまなジャンルを楽曲に取り入れている7ORDER。日本武道館でのワンマンライブも成功させ、今後さらなる活躍が期待される彼らだが、「元ジャニーズで、バンドで成功を収めた」代表例といえば、ONE OK ROCK(ワンオク)のTakaだろう。ワンオクのボーカルとして世界規模で活動しているTakaだが、ジャニーズ時代から他のJr.とは一線を画す存在であった。

ジャニーズ入所直後に『Mステ』で「襟裳岬」を披露…圧倒的な歌唱力でファンを獲得

「2001年10月にジャニーズ事務所に入所したTaka(当時は本名の「森内貴寛」として活動)は、森進一と森昌子という芸能界きっての大物芸能人夫婦の長男ということで、異例の好待遇を受けていました。例えば、入所直後の同年10月19日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際には、ジャニーズ歴の長い他のJr.を差し置いて、センターポジションで父・森進一のヒット曲『襟裳岬』を熱唱。当然、ほかのJr.ファンからは批判を浴びましたが……。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク