信長と横死した森蘭丸の壮絶な血筋、父も兄も討ち死に…本能寺の変後、子孫は赤穂藩主へ

森蘭丸、『麒麟がくる』になぜこれまで出てこなかったのか?

 NHK大河ドラマ『麒麟がくる』に森蘭丸(もり・らんまる)が登場した。

 過去の大河ドラマでは、ウエンツ瑛士、瀬戸康史などが演じた、いわばイケメン俳優の登竜門(?)で、今回、森蘭丸を演じるのも板垣瑞生というなかなかのイケメンなのだが、しかし今回の『麒麟がくる』に限っていえば、「そうか、そういえば。信長の近臣といえば森蘭丸だよね~。なんで今まで出てこなかったんだろう?」といった感が強い。

『麒麟がくる』では、尾張以来の信長家臣の登場が少ない。柴田勝家、佐久間信盛、羽柴秀吉くらいだろう。考えてみると、信長家臣が主人公なのに、丹羽長秀すら出ていない大河ドラマは異色だろう。

「尾張以来の信長家臣」と書いたのだが、森蘭丸は(おそらく)尾張生まれではない。隣国美濃出身である。

 森家は清和源氏の末裔で、先祖が相模国愛甲郡森に住んでいたため、森を苗字とした(なお、この地は毛利とも書き、毛利元就で有名な毛利家の苗字もこの地に由来する)。その子孫が美濃国羽栗郡蓮台(れんだい)村に移り住み、美濃齋藤氏に仕えたという。現在でいうと岐阜県羽島郡笠松町田代(でんだい)を指す。木曽川と長良川に挟まれ、木曽川を境に愛知県一宮市に隣接する土地である。木曽川は氾濫が多く、時代によって蛇行し、流域が東西に移動していたので、森家の居住地は尾張か美濃か曖昧な土地だったと思われる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク