ダイソーと真逆、セリアが頑なに「100円均一」を続けられる秘密…多くの固定客獲得

 2020年11月、100円ショップ業界大手セリアの河合映治社長が、決算説明会で「当社は100円を堅持する」と発表して大きな話題を呼んだ。100円ショップらしく100円均一を続けるという決意表明だが、その背景には昨今の100円ショップ業界が歩んでいる“傾向”が関係している。

 それは、業界トップの店舗展開数を誇るダイソーを筆頭に、ワッツやキャンドゥといった競合の100円ショップがこぞって200~500円という価格帯の商品を数多く打ち出すようになってきていることだ。以前から200円以上の商品は登場していたが、近年はそれが特に顕著になってきているのである。

 100円という安価な価格帯の商品をウリにしていた業界に一体何が起こっているのか。また、こうした変革期に抗い続けるセリアにはどのような戦略があるのか。今回はそんな疑問を、消費経済ジャーナリストの松崎のり子氏にぶつけてみた。

デフレの波にうまく乗り多店舗展開でシェア拡大

 まずは、なぜ100円ショップ業界がここまでの成長を実現したかについて聞いた。

「この100円ショップという業態が日本で人気を博したのは、ダイソーの直営店がオープンした1990年代初頭からです。バブル経済が弾け、給料の右肩上がりが止まったデフレの真っただなかにおいて、多くの一般家庭の意識が節約志向へ向き始めていた時期ですね。100円ショップ業界はこうした潮流を見事に見抜いて一躍成長をみせたということです」(松崎氏)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク