『青天を衝け』将軍・徳川慶喜の22人の兄弟たち…最愛の弟・徳川昭武との仲良しのヒミツ

徳川慶喜の父、水戸徳川斉昭は22男15女、計37人の子だくさん

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』で、渋沢篤太夫(栄一/演:吉沢亮)は、第22回(7月11日放送分)から徳川昭武(演:板垣李光人)に随ってパリに渡った。

 昭武は将軍・徳川慶喜(演:草彅剛)の異母弟である。民部大輔(みんぶたいふ)に任じられていたので、「民部公子」(みんぶこうし)と呼ばれていた。

 慶喜には多くの兄弟姉妹がいた。父・水戸徳川斉昭(演:竹中直人)は22男15女、計37人の子だくさん。慶喜は7男坊だったので、15人もの弟がいた(早世した者が多く、この当時、すでに8人に減ってはいたが)。しかし、慶喜にとって、昭武は特別だったらしい。明治維新後、慶喜は趣味の生活に没頭。千葉県松戸に隠棲していた昭武のもとを訪れたり、ともに茨城県高萩や静岡県興津で狩猟や釣りを楽しんだりしている。だが、少なくとも、慶喜が他の兄弟と交遊を深めたりすることはなかったようだ。

徳川昭武11歳、自身の16歳差の異母兄・徳川慶喜27歳と、動乱の京都にて初めて対面す

 そもそも、この時代の大名子弟と現代のわれわれでは、「兄弟」の感覚がかなり違う。明治維新後の話になるが、島津家では子どもたちに一人ひとりお付きがつき、めいめいが別々に食事を作って食べ、しかも母親が違ったりするから、兄弟姉妹の交流はほとんどなかったという。

 かくいう慶喜と昭武は16歳離れているが、初めて会ったのは元治元(1864)年、慶喜27歳、昭武11歳(いずれも満年齢)のことだという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク