100歳から10年間、介護施設で暮らすと総額2千万円?現役時代の準備が重要

 9月14日、厚生労働省は100歳以上の高齢者の総数を8万6,510人(前年比+6,060人)と発表した(プレスリリース資料)。25歳から40歳のミレニアル世代にとっては定年年齢ですら実感に乏しいのに、「人生100年」など想像できない絵空事の世界ではないだろうか。金融機関などが吹聴しているだけと思っている人が多いのも、無理からぬ話だ。

 8万人超というのは、大分県中津市(人口約8万5,500人)、神奈川県綾瀬市(8万5,000人)の人口に匹敵する規模だ。9万人ともなると北海道室蘭市(9万1,987人)並みの規模となる。その全員が100歳であることに驚きを隠せないが、50年連続で100歳以上の人口が増加している。今後はどうなるのか、検証していく。

 令和2年簡易生命表によると、男の平均寿命は 81.64 年、女の平均寿命は 87.74 年だ。平均寿命とは0歳児が平均して何年生きられるかという予測年齢だ。表は内閣府がまとめた平均寿命の推移だが、終戦ほどないとはいえ、今から74年前には50歳そこそこだった平均寿命が、こんな状況になるとは誰が想像できただろうか。

8 平均寿命の推移: 子ども・子育て本部 – 内閣府

平均寿命伸長の理由

 今後、平均寿命はどのように推移するのだろうか。令和2年版高齢社会白書によると、44年後の2065年の平均寿命は、男性84.95歳、女性91.35歳と予測している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク