石油ショック、再来の兆候…原油価格が在庫急減で高騰、シェールオイル枯渇の鉱区も

 米WTI原油先物価格は10月20日、7年ぶりに1バレル=84ドルをつけた。OPECとロシアなどの産油国からなるOPECプラスが協調減産を続けていることから、経済協力開発機構(OECD)加盟国の8月時点の原油在庫は過去5年平均を大幅に下回っている。日本をはじめ北半球の気温が低下し始めたことで、需要期の冬場を前に需給逼迫の懸念が実感として警戒され始めている。

 このことが特に意識されているのが米国だ。WTI原油の受け渡し拠点のオクラホマ州クッシングの原油在庫は3年ぶりに低水準となった。昨年4月にWTI原油の在庫を持てあましたトレーダーたちが投げ売りをしたことで価格が一時マイナスになるという異常事態が発生したが、1年半で様変わりだ。「このままのペースで行けば、あと2カ月で在庫が底をついてしまう」との懸念が生じており、WTI原油価格の上昇が続くとの見方は強まるばかりだ。

 世界最大の原油消費国である米国の足元の石油製品需要は日量約2183万バレルと強く、原油価格が1バレル=80ドルを超えても需要が圧迫される兆候が見られない。石油製品需要の約半分を占めるガソリン消費も夏場の需要のピークが過ぎた後に再び上昇している。

 需要とは対照的に供給は伸び悩んでいる。米国の直近の原油生産量は日量1130万バレルとコロナ禍以前のピークよりも約200万バレル少ない状態が続いている。米エネルギー省によれば、11月のシェールオイル生産量は前月比7.7万バレル増の日量約822万バレルとなる見込みだ。石油掘削装置(リグ)稼働数が増加基調にあることから来年の増加速度が上がるとしているが、期待外れに終わる可能性がある。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク