宇多田ヒカル、藤原紀香、小倉優子…実は今年、“猪突猛進”な年女の女性芸能人たち

「収穫後の穏やかな年」などの意味を持つ戌年が終わり、亥年が幕を開けた。もともと、十二支最後の「亥」には「ひとつの終わりであり、次の成長に向けて準備する、力を蓄える」などの意味がある。

 亥年生まれの主な性格は、「猪突猛進」という言葉があるように、自分の道を突き進む、良くいえば「意志が強い」、悪くいえば「頑固」。努力を惜しまず、情に厚いタイプが多いという。

●快進撃が続く土屋太鳳、好感度抜群の川口春奈

 そんな亥年生まれの女性芸能人には、どんな顔ぶれが揃っているのか。

 世代別に見ていくと、真っ先に挙げたいのは1995年生まれで、その筆頭格は土屋太鳳。昨年は『となりの怪物くん』(東宝)、『累 –かさね-』(同)、『春待つ僕ら』(ワーナー・ブラザース)の映画3作と、『チア☆ダン』(TBS系)のドラマ1作で主演を務めたほか、『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の司会にも挑むなど絶好調だった。

 今年も2月に映画『七つの会議』(東宝)に出演するほか、「ドラマ、CM、イベントなどに引っ張りダコになる」といわれている。共演者やスタッフが舌を巻くストイックな役づくりと、いまだ女子高生役を演じられるフレッシュさは健在であり、これまで同様に世代を引っ張っていくはずだ。

 同じ1995年生まれで注目は川口春奈。昨年はドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)のヒロインとしてコミカルな演技を披露したほか、ネット帯ドラマ『しろときいろ~ハワイと私のパンケーキ物語~』(Amazonプライム・ビデオ)で主演を務めた。

 味の素、カルビー、ヤクルトなどの食品系CMに出演し続けているように、性別不問の好感度は特筆もの。長崎・五島列島の出身らしい素朴さは失われていないだけに、実績の豊富な女優の抜擢が続く朝ドラ主演のチャンスもあるだろう。

 そのほかの主な1995年生まれは、すでに女優経験の豊富な森川葵松岡茉優から、川栄李奈生駒里奈早見あかりの元アイドル、佐久間由衣馬場ふみか大野いと山賀琴子岡崎紗絵玉井詩織、あいみょん、藤原さくらなど、知名度の高いメンバーが揃っている。

●83年組はアーティストの宇多田ヒカル、中島美嘉

 ひと世代上の1983年生まれでは、宇多田ヒカルに注目。昨年はイタリア人男性との離婚が明らかになった一方、6月にアルバム『初恋』をリリースし、12年ぶりとなる全国ツアーを開催してファンを喜ばせた。『SONGS』『プロフェッショナル 仕事の流儀』(共にNHK)への出演や、小袋成彬のデビューをプロデュースしたのもレアだったが、安室奈美恵が引退した今、「歌姫は宇多田ヒカルしかいない」という期待の声は大きい。

 同い年のアーティストで、宇多田同様に昨年離婚が明らかになった中島美嘉も亥年。3月にシングル『KISS OF DEATH (Produced by HYDE)』をリリースしたほか、秋には『彩恋~SAI_REN~』がドラマ『黄昏流星群』(フジテレビ系)の挿入歌に起用され、カバーアルバム『PORTRAIT~Piano & Voice~』も発売。上海や台湾の公演も成功させるなど充実の1年を経た今年は、1月に『雪の華15周年記念ベスト盤BIBLE』をリリースする。

 そのほかの主な1983年生まれは、波乱万丈な人生を送る小倉優子矢口真里上原多香子市井紗耶香未婚水川あさみ芦名星磯山さやか近藤春菜川田裕美、ソニン、丸山桂里奈らがいる。

檀れい藤原紀香大久保佳代子も亥年

 芸能活動の円熟期に入った1971年生まれでは、檀れい、木村多江、堀内敬子、藤原紀香。檀は及川光博との離婚で騒がせたばかりだが、昨年は映画3作、ドラマ2作、舞台2作に出演するなど女優業は順風満帆そのものだった。連ドラに引っ張りダコの木村と堀内は、今年も出演作を重ねるだろう。

 そのほかの1971年生まれでは、大久保佳代子、光浦靖子西川史子千秋松嶋尚美などバラエティの売れっ子がズラリ。年女トークで盛り上げてくれるはずだ。さらに、酒井法子牧瀬里穂高田万由子工藤夕貴、中嶋朋子、田中律子ら1980年代後半~1990年代前半の人気者が揃う。

 ひと世代上の1959年生まれでは、片平なぎさ、古手川祐子、池上季実子田中美佐子の美熟女に加えて、榊原郁恵大島さと子小野みゆきら人気者揃い。また、芸能界引退組では、三浦友和の妻・山口百恵五木ひろしの妻・和由布子がいる。

 1947年生まれでは、泉ピン子、あき竹城、伊東ゆかり、和泉雅子。1935年生まれでは、芳村真理吉行和子、浜木綿子。いずれも世代を代表する存在であるとともに、まだまだ元気いっぱいであり、年女としてのメディア出演が期待される。

●『半分、青い。』の奈緒がさらなるブレイクへ

 最後にひとり、私が期待している亥年生まれの女優を挙げておきたい。彼女の名は、1995年生まれの奈緒。昨年、朝ドラ『半分、青い。』(NHK)でヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の親友・菜生を演じて脚光を浴び、同時にドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)にも出演し、波瑠のライバル役を演じて評価を高めた。

 さらに、メルカリ、ダイハツ工業、東京ガスなどのCMにも出演するなど、彼女の強みは笑顔いっぱいの親しみやすいキャラクター。今年もすでに映画2作への出演が発表されているほか、複数のドラマ出演も確実。ブレイクこそ昨年だが、演技経験は豊富で、脚本家・野島伸司が手がける俳優養成スクールで鍛えた演技力への期待値は高い。さらなる飛躍の1年になるのではないか。

 次回の「2019年注目の年男」もお楽しみに。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

当時の記事を読む

藤原紀香のプロフィールを見る
ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「藤原紀香」に関する記事

「藤原紀香」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤原紀香」の記事

次に読みたい「藤原紀香」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 藤原紀香 Instagram
  2. 藤原紀香 ドラマ
  3. 藤原紀香 ブログ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。