【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方
拡大する(全4枚)

「ご教授」と「ご教示」、ビジネスシーンで使われる言葉ですが、正しい使い方をご存じですか?実はこの2つ、意味がちょっと違うんです。ここでは「ご教授」と「ご教示」の違いやすぐに使える例文をご紹介します。

「ご教授」と「ご教示」の違いとは

「ご教授」と「ご教示」はどちらも、目上の人や上司、取引先などに対して使う言葉です。漢字も似ているので一見同じような意味なのでは......と思ってしまいますが、実は使い方が違う言葉です。まずはそれぞれの意味について説明していきましょう。

「ご教授」の意味

【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい...の画像はこちら >>

読み方は「ごきょうじゅ」。「教え授ける」という意味になります。特に、学問や技芸といった専門的な知識・スキルを教えるというニュアンスがあります。

専門的な知識やスキルといったものは短い期間で理解を深めることはなかなかできません。継続的に学び続けることによって習得できるものです。「ご教授」は、ある程度の期間に渡って、継続的に教えを受けるときに用いられます。

なお、同音異義語として「ご享受」という言葉がありますが、これはまったく違う意味なので、メールを打つ際には変換ミスなどに気をつけましょう。享受の意味は「精神的、あるいは物質的な面において、あるものを受け、自分のものとすること。もしくは自分のものとして楽しむこと」です。「好景気の恩恵を享受する」といったような使い方をします。

「ご教示」の意味

【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方

読み方は「ごきょうじ」。「教え示す」という意味になります。知識や方法、手順、手段といったものを「教え示す」というニュアンスがあります。「ご教授」と比較すると、どちらかというと簡単なもの、例えば書類の書き方や手続きの方法、手順といったものが対象になります。継続的に教えを受け続けるというより、その場で解決するための方法などを教えてもらう場面で使います。


この記事の画像

「【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方」の画像1 「【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方」の画像2 「【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方」の画像3 「【例文つき】「ご教授」「ご教示」の違いと、ビジネスでの正しい使い分け方」の画像4