「疲れにくい体」をつくるには? ドクターと考えるWell-aging

「疲れにくい体」をつくるには? ドクターと考えるWell-aging
       
年齢とともに変化する女性の体。肌や婦人科系のトラブルはよく話題になるが、ふとしたときに強く感じるのは、「疲れがとれない」「だるい」といった疲労感かもしれない。

「女性のWell-being」をテーマに開催されたカンファレンス、MASHING UP SUMMIT 2020(2020年2月28日、収録で実施)。女性の健康をテーマにしたセッションにはウォブクリニック中目黒総院長の高瀬聡子氏が登壇。疲れにくい体づくりの秘訣を語った。聞き手は「MYLOHAS」編集長の山岸祐加子氏が務めた。

「疲れ」に悩む人が増えている

「年齢を味方に。習慣でつくるWell-aging」と題して行われた2人のセッション。2019年の夏にMYLOHASで行った読者アンケートから見えてきたのは、疲れている人の多さ だったと山岸編集長は話す。アンケートでは7割の人が何らかの疲れを感じていると回答。

「7割のうち44%は、精神的疲労・肉体的疲労の両方がある人。その次に35%と多かったのが、精神的疲労がある人でした。身体よりも、むしろ心の疲れを感じている人が多かったんです」(山岸氏)

心身の疲労は女性の見た目にも影響を及ぼす。美容皮膚科である高瀬先生のクリニックを訪れる女性も、入り口は美容目的だったのに、疲労回復のためにリピーターになる人が多いという。

ウォブクリニック中目黒総院長の高瀬聡子氏。

「シミ治療が終わっても、高濃度ビタミンCの点滴だけは続けるといった方がたくさんいます。肌が明るくなるのはもちろん、

あわせて読みたい

Mashing upの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

女性コラムニュースアクセスランキング

女性コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。