「5人家族で食費2万円台」に反発が相次いだ理由 「これ以上節約は無理」「食費が削られるのでは」という主婦の嘆き

記事まとめ

  • ESSE online記事「子ども3人でも食費2万円台」に反発の声。
  • 理由は「もっと節約しろという圧力が高まる」ため。
  • 「夫からの食費が削られる」という不安も。
「5人家族で食費2万円台」に反発が相次いだ理由 「これ以上節約は無理」「食費が削られるのでは」という主婦の嘆き
拡大する(全2枚)


ESSE onlineが7月中旬に配信した記事「子ども3人でも食費2万円台。節約上手のスーパーの回り方」という記事に、ネット上で反発の声が相次いだ。記事の内容は、夫婦と子ども3人の5人家族が予算5000円で一週間分の食材をまとめ買いする、という節約術を紹介したものだ。


冷凍保存しやすいものを買う、支払いを「dポイント」と紐付けするなど、多くの主婦が既にしていると思われるものが大半で、物珍しさはない。それでも反発する人が相次いだ理由について考えてみたい。(文:ふじいりょう)


「こういう記事が出るから、もっと節約しろという圧力が高まる」という懸念


『ESSE』は、扶桑社が発行している主婦向け月刊ライフスタイル誌。雑誌では、レシピを中心に収納術などの家事の技を紹介している。主に30~40代女性をターゲットに、家事の手間を無理のない範囲で減らしたいという主婦層に向けたコンテンツを提供している。


一方、今回の記事に寄せられたのは「自分の住んでいる地域はここまで食材が安くない」といった批判だ。記事で紹介されている主婦は、岡山県倉敷市在住で「キャベツ一玉57円」「若どりむね肉100g 47円」といった写真が掲載されていることから、確かに首都圏とは物価がかけ離れているように思える。


だが、ネット上の反発の多くを占めたのは、



「夫(家族)から"もっと節約できないのか"と言われる」


という声だ。主婦らの「こういう記事が出るから、もっと節約しろという圧力が高まる」といった怒りを買った形と言える。言い換えれば、主婦らが各家庭で常に食費を減らすように求められていることが顕在化した表れだろう。


この記事の画像

「「5人家族で食費2万円台」に反発が相次いだ理由 「これ以上節約は無理」「食費が削られるのでは」という主婦の嘆き」の画像1 「「5人家族で食費2万円台」に反発が相次いだ理由 「これ以上節約は無理」「食費が削られるのでは」という主婦の嘆き」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク