「グランピングが人気の宿ランキング」が、4月7日(木)に、楽天トラベルから発表された。1位には山梨の河口湖カントリーコテージBanが選ばれた。

■2位は大阪のグランピング施設

 本ランキングは、2021年3月1日(月)から2022年2月28日(月)までの宿泊期間で、全国のグランピング施設が取り扱う宿泊プラン、ならびに「グランピング」のキーワードを含む宿泊プランの宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)が多かった宿をランキング化したもの。

 2年連続で1位に選ばれたのは、山梨にある河口湖カントリーコテージBan。約6000坪の広大な敷地を有し、富士山と河口湖を一望できるロケーションが人気を集めている。

 グランピングタイプの客室は、ヨーロッパ風の内装が施されており、各客室に併設の大型ウッドデッキには、ミニテントやハンモックを設置。昨年6月には新たに専用露天風呂が設置され、ぜいたくな気分を味わいながらアウトドアを満喫することができる。また、貸別荘のように利用できるコテージタイプの客室も選ぶことができ、部屋に関するクチコミは全体で4.81と高い評価を得ている(2022年3月25日時点)。

 次いで、2位に選ばれたのは、大阪にあるパームガーデン舞洲 by WBF。大阪駅から車で約20分の距離にある、アメリカのマイアミをイメージしたベイエリアに建つグランピング施設で、美しい夕日を見渡せるロケーションの良さが、クチコミでも高い評価を受けている。

 そのほか、3位には、関東圏からの人気が高い、千葉のキャメルゴルフ&ホテルリゾート、4位には静岡のマヒナ・グランピング・スパ・ヴィレッジ、5位には静岡の藤乃煌 富士御殿場 FUJINOKIRAMEKIが選ばれた。

【「グランピングが人気の宿ランキング」概要】
算出日:2022年3月17日(木)
算出対象:全国のグランピング施設が取り扱う宿泊プランならびに「グランピング」のキーワードを含む宿泊プランの以下の宿泊期間における宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)
対象宿泊期間:2021年3月1日(月)~2022年2月28日(月)