今週末に開催される英チャールズ国王の戴冠式祝賀コンサートに、トム・クルーズとくまのプーさん、ニコール・シャージンガーらが出演することがわかった。

【写真】トム・クルーズ、『トップガン』プレミアでキャサリン妃をエスコート

 チャールズ国王の戴冠式の関連イベントとして行われる祝賀コンサートのさらなる出演者が発表され、トム・クルーズとくまのプーさん、ニコール・シャージンガーらが出演する。



 トムは昨年、映画『トップガン マーヴェリック』のロンドンプレミアで、ウィリアム皇太子夫妻をエスコートしたのが記憶に新しいところだが、1997年にはダイアナ妃の葬儀にも招かれており、英王室とのつながりは深い。

 またくまのプーさんはエリザベス女王と誕生の年が同じで、2006年には女王の80歳の誕生日を記念してバッキンガム宮殿で行われた子どもたちとのお茶会に招待された経緯がある。

 Varietyによると、トムとプーさんは、イギリスの名女優ジョーン・コリンズや歌手のトム・シンガー、冒険家のベア・グリルスらとともに、事前に収録された映像で出演し、チャールズ国王に関するトリビアを紹介するようだ。このほか、歌手のパロマ・フェイスやスティーヴ・ウィンウッド、オリー・マーズ、クラブDJのピート・トングらがパフォーマンスを行う。

 チャールズ国王の戴冠式は、現地時間の5月6日にロンドンのウェストミンスター寺院にて執り行われる。3日間にわたって祝賀イベントが行われ、祝賀コンサートは翌7日夜に開催される。
すでにケイティ・ペリーとライオネル・リッチーが出演し、『パディントン』やドラマ『ダウントン・アビー』で知られるヒュー・ボネヴィルが司会を務めることが明らかになっている。