90年代に婚約していたブラッド・ピットとグウィネス・パルトロー。破局から20年以上を経て、この度2人が対談し、「友達で嬉しい」「愛してる」とお互いの愛を確かめた。



【写真】結婚式直前のキャンセルも “婚約破棄”セレブたち

 かつて1990年代に交際し、婚約までしたものの、破局してしまったブラッド・ピットとグウィネス・パルトロー。グウィネスが大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインに迫られたときは、自分のキャリアを顧みずブラッドが警告してくれたと告白し、注目を集めたこともあった。

 そんな2人だが、ブラッドがシャツのブランドGod's True Cashmereを立ち上げ、これをグウィネスのライフスタイルブランドGoopのオンラインショップが取り扱いをスタート。これに合わせて、Goopのサイトで対談した。

 もうすぐ父の日だということもあり、2人は亡くなったグウィネスの父、ブルースについて言及。グウィネスは、「婚約したときのことを忘れられない。
ある日父が私のところに来て目に涙を溜めて、『これまで息子が出来たと人が言う意味がわからなかった。だけど私も息子が出来たんだ』と言ったのよ」と父とブラッドの胸あつエピソードを披露。続けて、「父からはどんな影響を受けた? 残念ながらわたしたちは結婚しなかったけれど、どうして父を愛したの?」と質問した。

 するとブラッドは、「そうだね」と笑いながら「だけどすべてうまくいったよね」とコメント。これにグウィネスも、「そうね。ついに、結婚する予定はずだったブラッドをみつけたわ。
20年もかかったけど」と反応。

 ブラッドは、「君と今友達でいられるのはすごくすてきだ。愛しているよ」と話し、グウィネスも「私もすごく愛してる」と応えている。

 ブルースについては、「深淵な影響を与えてくれた。今でも彼のことを考えるよ」と話し、父親としてのあり方を絶賛。「(ブルースとグウィネス)2人は一緒にいてすごく楽しそうだった。
それは希少なことで、ぼくが経験してこなかったことだ。すごく好きだった。2人の楽しそうな様子は周りに影響した。彼がどれほど君を大事に思ってたか感じてただろ」と話し、父親としての強いエネルギーを感じていたことを明かした。

 ブラッドは、グウィネスとの破局後、ジェニファー・アニストンとの離婚を経て、アンジェリーナ・ジョリーと結婚。しかし2016年に離婚を発表し、今も所有するワイナリーを巡って裁判を繰り広げている。


 一方のグウィネスはブラッドと破局後、コールドプレイのフロントマン、クリス・マーティンと結婚。アップルちゃんとモーゼス君という2人の子どもを授かるが、2014年に意識的カップル解消を経て、2018年にブラッド・ファルチャックと再婚。Peopleによると、彼女は、これまでのどのボーイフレンドとも、良好な関係を維持していると発言しているそうだ。