パリ移籍のデヴィッド・ベッカム、フランス語に四苦八苦

パリ移籍のデヴィッド・ベッカム、フランス語に四苦八苦
「がんばるぜ」 (C)AFLO
 今年初めにロサンゼルス・ギャラクシーからパリ・サンジェルマンに移籍したデヴィッド・ベッカム(37)だが、フランス語の習得に四苦八苦しているそうだ。

【関連】ベッカム家のイケメン次男がバーバリーでモデルデビュー!

 以前、スペインのレアル・マドリードに在籍していたときは、スペイン語を話せるようになるまで1年かかったというデヴィッド。そして今、彼は、フランス語をマスターするのはスペイン語よりも時間がかかりそうだと語る。

 デヴィッドは、英紙The Peopleに次のように語っている。

 「僕はとてもシャイなんだ。レアルにいたとき、スペイン語を話せるようになるまで1年かかった。でも忍耐強くいくよ。絶対にフランス語を話せるようになってみせる!」

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る 2013年4月6日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。