ひつじ年注目の女優・吉田羊、ポカリCMの母親役に「かわいい」の声
拡大する(全1枚)
吉田羊出演、ポカリスエットのポスター
 ひつじ年注目の女優・吉田羊と期待の子役・鈴木梨央が1月からポカリスエットのCM「洗たくもの」編、「加湿器」編で共演している。2人のほんわかとした佇まいが特徴の本作。ネット上では「かわいい」という声があがっている。

【関連】「吉田羊」フォトギャラリー

 CMでは、「ポカリ、のまなきゃ。」というコピーを中心に、吉田が母親役、鈴木が娘役という設定で、親子のコミカルな掛け合いトークを展開。ほぼおそろいの親子ファッションが、ほんわかとした雰囲気を演出している。

 撮影は都内のスタジオで1日かけて行われたとのこと。スタジオには、ポカリを想起させるような青絨毯の部屋と、洗たくものが干してある家庭の庭をイメージしたセットが組まれた。朝から冷え込む日だったが、吉田、鈴木、両名とも早くからスタジオ入りし、10時には撮影スタート。2人とも終始笑顔で、休憩中にはまるで本当の母娘のように話すシーンも見受けられたそうだ。

 吉田は、2014年7月期のフジテレビ系『HERO』で女性検事・馬場礼子役に抜擢され、一躍注目を集めた。2014年10月には、フジテレビ系『オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~』で初のバラエティ番組のレギュラー出演を決めている。鈴木は、2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』で、主人公・新島八重の幼少期を演じ、その後、ドラマ『Woman』や『明日ママがいない』(どちらも日本テレビ系)に出演し、今年さらなる活躍が期待されている。

 今回のCMでは、鈴木はポカリスエット、吉田はイオンウォーターをゴクリ。イオンウォーターはカロリー低く、乾燥する冬場にピッタリ。イオンウォーターは甘すぎず、常温でもおいしく飲める味に仕上がっているという。意外と脱水症になりやすいシーズンでもあるので、日ごろから水分補給を心がけたい。