ジョシュ・ハートネット、バットマン役を引き受けず後悔

ジョシュ・ハートネット、バットマン役を引き受けず後悔
過去の間違いから学んだというジョシュ・ハートネット(C) AFLO
 映画『パール・ハーバー』(01)や『ブラックホーク・ダウン』(02)などで注目を集めた俳優ジョシュ・ハートネット。一時期、ハリウッドから去ったこともあるジョシュだが、バットマン役をオファーされて断ったことを今では後悔しているという。

【関連】「ジョシュ・ハートネット」フォトギャラリー

 ジョシュは米「Playboy」誌とのインタビューで過去を振り返り、ハリウッドの人間や大作を信じられなかった時期があると語り、故郷のミネソタによく戻っていたという。『バットマン』新シリーズを手がけたクリストファー・ノーラン監督からバットマン役をオファーされたが、「俺向きではない」と断ったそう。「それで彼はもう、俺に『プレステージ』に出演してほしくなかったようだ。バットマンを演じた俳優ばかりか、当時の俺の彼女を起用したよ」と語った。“バットマンを演じた俳優”はもちろんクリスチャン・ベイル、“当時の俺の彼女”はスカーレット・ヨハンソンだ。

 「最初のバットマン映画で関係が築かれたと理解したよ。俺はノーラン監督とその関係を築くべきだった。彼はとてもクールで、もの凄い才能の持ち主だと思ったんだ。当時は型にはめられたくなかったし、俳優として1つの作品のイメージを植え付けられるのが恐かった。“だったらもっと頑張れ”と、考えれば良かったんだ」とジョシュ。クリスチャンがバットマン役で高い評価を受け、幅広い作品で活躍したのを見て、どうして当時の自分はそう考えられなかったのかと自らを省みている。

 バットマンだけでなく、トビー・マグワイアが演じたスパイダーマンや、ブランドン・ラウスが演じたスーパーマン(『スーパーマン リターンズ』)のオファーも断ったというジョシュ。今なら、スーパーヒーロー映画というだけで、むやみに役を断ったりはしないそうだ。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「バットマン + 映画」のおすすめ記事

「バットマン + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ベイマックス」のニュース

次に読みたい関連記事「ベイマックス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルヴァリン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルヴァリン」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年4月29日の映画記事

キーワード一覧

  1. バットマン 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。