「子役による最高の演技トップ10」テイタム・オニール、ジョディ・フォスターら選出

「子役による最高の演技トップ10」テイタム・オニール、ジョディ・フォスターら選出
「子役による最高の演技トップ10」 1位:テイタム・オニール『ペーパー・ムーン』(74)(C)AFLO
 どんな名優でも、子役と動物には勝てないと言われる演技の世界。大人の俳優を食うほどの熟した演技力を披露した子役は誰かということで、カナダのエンタメサイトWatch Mojoが「子役による最高の演技トップ10」を発表。1位に『ペーパー・ムーン』(74)のテイタム・オニールが選ばれた。

【関連】「子役による最高の演技トップ10」フォトギャラリー

 詐欺師のモーゼと、モーゼに連れられ親戚の家へ向かう親を亡くした少女アディの道中での心の触れ合いを描く『ペーパー・ムーン』。主役モーゼを演じた実の父ライアン・オニールを完全に食った素晴らしい演技を見せ、史上最年少の10歳でアカデミー賞助演女優賞を受賞するに至った。

 『ペーパー・ムーン』はテレビシリーズ化されているが、テレビ版でアディを演じたのが子役時代のジョディ・フォスター。ジョディは『タクシードライバー』(76)で、ロバート・デニーロ演じるトラヴィスと交流を持つ13歳の娼婦アリシアを演じ、本ランキングで2位にランクインした。ジョディは本作でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、以後、大女優への道を進む。
 
 3位にはニュージーランド映画『ピアノ・レッスン』(94)でデビューしたアンナ・パキンが選出。5000人の中から選ばれ、撮影当時は10歳。初めての映画でホリー・ハンター、ハーヴェイ・カイテル、サム・ニールといった演技派を相手に堂々の演技力を披露し、テイタムに次ぐ最年少でアカデミー賞助演女優賞を獲得した。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月2日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。