現在、ハリウッドは空前の二世ブームだ。一昔前はアンジェリーナ・ジョリーやキーファー・サザーランド、ブライス・ダラス・ハワードなど、親と同じ映画畑に飛び込んで、時に追い抜いていく2世が多かった。しかし最近の若いサラブレット達はちょっと様子が違う。彼らの多くが話題を集めているのはファッション界。一流のファッションブランドやファッション誌から熱いラブコールを受けている。

【関連】セレブ・モデルキッズが大集合!<フォト集>

 2世モデル達の多くが10代でデビューを果たす。親から受け継いだ美しいDNA、生まれ持っているかのようなカリスマ性。既に有名なラストネームのあるサラブレット達はそれだけでも宣伝伝効果が高いのに、パパやママに比べてギャラが安く済むという雇う側としては嬉しい利点がたっぷり。エリート・モデル・マネージメントやIMGモデルズといったトップエージェンシーがこぞってサラブレット達とマネージメント契約を結ぶのも無理はない。

 では現在、どんな2世モデルが活躍中なのか。とりわけ海外メディアが注目し、露出が増えそうなのは、“キング・オブ・ポップ”マイケル・ジャクソンの忘れ形見パリス・ジャクソンだろう。3月にIMGモデルズと契約し、本格的にモデル業に進出したが、既に世界展開するファッション誌「ハーパーズ バザー」で高級ファッションブランドのシャネルを着こなしていた。

 シャネルといえば、カール・ラガーフェルドに愛されているのが俳優