<欅坂46東京ドーム>「不協和音」披露で5万人、驚きと割れるような歓声

 欅坂46が19日、2日間にわたった東京ドーム公演の最終日で「夏の全国アリーナツアー2019」を締めくくった。5万人のファンを前にメンバーたちは全21曲に及ぶこん身のパフォーマンスを繰り広げ、同会場の初日に久々に披露されたことも話題を集めたアンコールの「不協和音」では客席にどよめきが起こった。さらに、ダブルアンコールでは平手友梨奈が自身の主演映画『響 -HIBIKI-』の主題歌であったソロ曲「角を曲がる」を披露し、観客からは驚きの声も上がっていた。

【写真】「不協和音」“僕は嫌だ!”の瞬間ほか、東京ドーム公演の模様

 開演前には恒例となっている“影ナレ”は、キャプテンの菅井友香上村莉菜原田葵が担当。注意事項を告げたのち、3人が「最終日、行くぞ!」と鼓舞すると早くも会場内には大きな歓声が響き渡った。

 総立ちで観客が待ちわびる中、暗転したメインステージにスポットが当たると制服姿の平手が登場。途中、天を仰ぐかのような振り付けをしながら上段に置かれたグランドピアノの元へたどり着き、鍵盤を一つ叩くと再び暗転した場内に開演を告げる「overture」が流れ始めた。

 そして、スポットの当たったメインステージに真紅の衣装を着たメンバーがそろい、1曲目は「ガラスを割れ!」を披露。客席のサイリウムはグループのキーカラーである緑から赤へと変わり、曲中ではステージ前方に幾度となく火柱が放たれていた。

 インストゥルメンタルのBGMと共にダンスパートが繰り広げられたのち、続けて披露された「語るなら未来を…」では曲中、中心に立つ平手へ向けてメンバーたちがそれぞれの手をかざし合う。再びのダンスパートを挟み、次の「Student Dance」ではメンバーたちが手元のスマホでリアルタイムに撮影した映像がスクリーンに映し出され、曲中の見せ場である
編集部おすすめ

当時の記事を読む

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欅坂46」に関する記事

「欅坂46」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欅坂46」の記事

次に読みたい「欅坂46」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク