芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす!


 宮沢りえがハワイ在住の40代前半の日本人元プロサーファーのH氏の子どもを妊娠した。筆者としては、数年前からパリで暮らす母親の宮澤光子さんに今回の結婚を認めさせるための計画妊娠だったのではないかという疑問をつい抱いてしまう。というのも、りえの生き様は光子さん抜きでは語れない。いや、りえは、光子さんが作り上げた作品といっても過言ではないと思えるからだ。

 りえは、11歳で芸能界デビュー。三井のリハウスのCMでの白鳥麗子役でブレークした。

「それまで光子さんは、りえを抱えて、保険の外交の仕事をしていた言われてますが、銀座のあまり有名ではないクラブのホステスもやっていたんです。その関係で知り合ったかどうかは定かではありませんが、六本木の高級寿司屋の旦那と深い関係だったんです。その店に幼いりえをよく連れていった。そこは、芸能界の幹部連が通う店。たちまち幹部たちの目に留まったんです」(ベテランのマネジャー)

 りえがスカウトされ、デビュー時、所属した事務所は"芸能界のドン"と呼ばれた人物の息がかかった「E」というプロダクションだったが、ブレークするや、光子さんの判断で即独立してしまった。

「普通なら、他の芸能プロに潰されますよ。ところが、りえママは男勝り。彼女自身がマネジャーになって、りえの売出しを始めたんです。りえママの勢いに押されて、さすがに芸能界の実力者たちも沈黙せざるを得なかったですよ」(元芸能関係者)