「スポンサーからNGも?」小栗旬が映画で『変態仮面』を演じることができなかった深い理由

「スポンサーからNGも?」小栗旬が映画で『変態仮面』を演じることができなかった深い理由

 90年代に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された人気ギャグ漫画『究極!!変態仮面』が俳優・小栗旬の発案で『HK/変態仮面』として実写映画化、4月13日から公開される。

 主演を務めるのは、小栗と親交のある俳優の鈴木亮平で、映画について報じたスポーツ紙の記事によると、小栗が「彼以外に考えられない」と鈴木を指名。186センチという恵まれた体格を持つ鈴木だが、変態仮面の超筋肉質な体を具現化するため、役作りとして一度15キロ増量させた後で脂肪をそぎ落とす体作りを敢行。昨年12月にクランクインした際には、変態仮面姿の鈴木を見た撮影スタッフから「おぉ!」と歓声が上がったというほどの入れ込みようだったという。

「小栗は好きな漫画に同作を挙げ、パーソナリティーを務めていた『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、原作者のあんど慶周氏を招くほど映画化を熱望。今回、その小栗の思いに、小栗の主演ドラマ『東京DOGS』(フジテレビ系)でタッグを組んだ福田雄一監督が共鳴し、実写化が決定した。当初は小栗が『あの役をやれるのは俺しかいない!』と、これまで演じてきたどの作品をも上回る意気込みで主演を張ろうとしていたが、諸々の事情があり、結局、脚本協力として名を連ねるにとどまった」(映画関係者)

 原作のファンにはおなじみだが、同作では主人公の少年・色丞狂介が女性のパンティをやぶって変身した「変態仮面」が、超人的なパワーを発揮し、悪を懲らしめる物語。変身の際は「フオオオオオオオオッ!!」と雄叫びを上げながら、ブーメランパンツと網タイツ以外の衣服を脱ぎ捨て、パンツの両脇を伸ばして交差させるように肩に通すが、その姿は一見すると変態そのもの。そのため、これまで数々の民放の連ドラや映画で主演を務め、CMも抱える小栗にはリスクが高すぎたようだ。


あわせて読みたい

小栗旬のプロフィールを見る
日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「小栗旬 + Instagram」のおすすめ記事

「小栗旬 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「小栗旬 + ドラマ」のおすすめ記事

「小栗旬 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュース

次に読みたい関連記事「松坂桃李」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年4月2日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 小栗旬 Instagram
  2. 小栗旬 ドラマ
  3. 小栗旬 山田優

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。