2歳の息子の前で首を切られて絶命……殺害現場に残された“別の女性”の血痕

2歳の息子の前で首を切られて絶命……殺害現場に残された“別の女性”の血痕

 何かが狂ってしまった現代社会。毎日のように流れる凶悪事件のニュースは尽きることを知らない。そして、いつしか人々はすべてを忘れ去り、同じ過ちを繰り返してゆく……。数多くある事件の中でも、いまだ犯人・被疑者の捕まっていない“未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。数多くある事件の中でも、いまだ犯人・被疑者の捕まっていない“未解決事件”を追う犯罪糾弾コラム。

第27回
名古屋市西区主婦殺人事件
(1999年11月)

 愛知県名古屋市の中心部から、約4km北上したところに位置する西区稲生町。日本のどこにでもありそうな、ごく普通の閑静な住宅街だ。2丁目には本殿に犬の石像を祀った伊奴神社(いぬじんじゃ)があり、戌年には全国から多くの愛犬家が参拝に集まる。事件が起きたのは、神社から徒歩3分ほどの3階建てアパートの2階にある一室。被害者・高羽奈美子さん(当時32歳)の遺体を発見したのは、住人に柿を配るために各部屋を訪れていた大家だった。

 1999年11月13日午前9時頃、仕事に出かける夫・悟さん(当時43歳)を見送った奈美子さんは、2歳の息子・航平くんを連れて午前11時10分に近所のクリニックに来院(午前9時半ごろに宅配業者が自宅を訪問したが、不在扱いとなっている)。その約40分後には部屋に戻ったとみられているが、午後0時半から午後2時の間に友人が3回も電話をかけているものの、応答はなかったという。

 さらに、正午までアパートの駐車場で洗車をしていた住民が不審者らしき人物を目撃しておらず、別の部屋の住人が正午から午後1時くらいの間に「ドスン」という大きな物音と、階段を駆け下りる足音を聞いていることから、犯行時刻は“正午過ぎから午後1時”に絞られることになる。

 大家が高羽さん宅を訪れたのは、午後2時ごろ。奈美子さんがいつも在宅していることを知っていたのか、それとも直感的に何かを感じたのか。呼びかけに応じなかったため、ドアのノブを回してみると、鍵は閉まっていなかったという。そして、ドアが開いた瞬間、大家は信じられない光景を目にすることになる……。玄関を入ってすぐ先の廊下に、トレーナーとジーパン姿の奈美子さんが血だらけで倒れていたのだ! 大家はすぐに119番通報したが、警察が到着した時点で奈美子さんの死亡を確認。現場の状況から「他殺」と断定された。

 警察の発表によれば、奈美子さんは洗面所で首に致命傷を負った後、台所まではって行き、そこで絶命。その手の先には、無邪気に遊ぶ航平くんの姿があったという(大家の証言)。瀕死の状況の中、我が子を守ろうという“母親の愛の形”が、そんな凄惨な現場にも残されていたのである。悲報を受けた夫・悟さんの心情は察するに余りあるが、幼い息子が無傷で生きていたことが、いくばくか彼の痛みを和らげたことを願いたい。

 事件から16年以上がたった現在も、まだ犯人の特定・逮捕には至っていない。しかし、現場に残された“別の女性”の血痕と足跡から、犯人像(※下記参照)はかなり絞り込まれている。奈美子さんと揉み合った際に凶器で傷を負ったのか、洗面所、そして廊下から玄関にかけて、血が滴るように点々と続いていたのだ。さらに、血痕は屋外まで続き、犯人がアパートから500mほど離れた稲生公園の手洗い場まで逃走したことが、のちに鑑識の結果により明らかになった。同公園の付近では、両手を胸の前に組み、血のにじんだ布を持っていた女性を見かけたという2人の目撃者が現れたため、証言をもとに似顔絵(※画像参照)も作成されたが、顔についての記憶が曖昧なため、あいにくボカシが入れられている。

 もう1つ、現場には飲みかけの乳酸菌飲料(パック型)が残されていたのだが、これは訪問販売でしか入手できないもので、高羽家では購入する習慣がなかったという。付属のストローが使われておらず、穴を開けて飲まれたようだが、そのまま玄関先に吐き出されていたことから、犯人もかなり動揺していたことがうかがえる。もしかしたら、飲み物で航平くんの気を引いて連れ出すつもりだったのかもしれない。それならば、犯人は子どものいない女性で、奈美子さんをうらやんでの犯行という動機も考えられるが……。同商品が販売されたエリア(現場から約20~30km離れた西三河地区)が特定できているにもかかわらず、それ以上の有力な手がかりは得られていない。

 事件後、悟さんは航平くんを連れて実家に移り住んだが、奈美子さんの命が奪われた部屋の家賃を今も支払い続けているという。「想い出の詰まった部屋だから」という気持ち以上に、「わずかな可能性でも、犯人の手がかりを残しておきたい」という執念が強いのだろう。事件から長い月日が刻まれたが、あの部屋の中だけは、今もまだ時間が止まったままだ。
(取材・文=神尾啓子)

<犯人像>
当時の年齢/40~50歳前後(現在は55~65歳前後)
身長/160cm前後
血液型/B型
靴のサイズ/24cm(かかとの部分が高い、韓国製の婦人靴)
髪形/肩までのロングヘア、パーマ
備考/左右どちらかの手にケガをしていた

<情報提供先>
愛知県警察 西警察署 刑事課
052-531-0110(内線332)

あわせて読みたい

日刊サイゾーの記事をもっと見る 2015年12月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。