2.5次元界の元“プリンス”小越勇輝がオトナ女子の“王子様”になるまで――恋愛リアリティ『私の年下王子さま』を観て思うこと

2.5次元界の元“プリンス”小越勇輝がオトナ女子の“王子様”になるまで――恋愛リアリティ『私の年下王子さま』を観て思うこと
拡大する(全1枚)

 Netflixの『テラスハウス』『あいのり』、Amazonプライム・ビデオの『バチェラージャパン』、Paraviの『恋んトス』など、今、動画配信サイトが制作する恋愛リアリティー番組がわんさかはびこっている。特にAbemaTVは、『オオカミくんには騙されない』『今日、好きになりました。』『恋愛ドラマな恋がしたい』『恋する 週末ホームステイ』『恋愛学部交流会 ラブ キャンパス』など、数々の番組を世に生み出し、ティーン世代から支持を集めているようだ。

 そんな中、人気番組のひとつである『私の年下王子さま Winter Lovers』に、俳優・小越勇輝(24)の参加が発表され、若手俳優ファン、舞台ファンに大きな衝撃が走った。

“おごたん”の愛称で親しまれている彼は、2010年から14年まで上演された“テニミュ”こと『ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン』の全公演で、主人公・越前リョーマを演じ、「舞台『弱虫ペダル』シリーズ」や「ミュージカル『刀剣乱舞』シリーズ」など、人気2.5次元(マンガやアニメ、ゲームを原作・原案とする舞台やミュージカルのこと)作品で活躍。

 近頃は活動の場を広げ、劇場版『ドルメンX』(18年)や7月期の波瑠主演ドラマ『サバイバル・ウェディング』(日本テレビ系)、先日最終回を迎えた『深夜のダメ恋図鑑』(テレビ朝日系)など、映像作品にも出演している注目の俳優だ。ちなみに、『テニミュ』では通算500回公演出演を達成し、“プリンス・オブ・テニミュ”の称号を手にした、紛れもない「王子様」でもある。

 そんなおごたんが恋愛番組に出演ということで、ファンは阿鼻叫喚、ネット上には賛否両論さまざまな声が寄せられた。当たり前だ。番組である以上、フィクションでないとは言い切れないが、今回は「小越勇輝」として恋愛するのであって、舞台や映画、ドラマで役として恋愛するのとはわけが違う。「芸の肥やしになる」「知らない一面が見れる!」と、彼女たちが手放しで喜べない気持ちもわかる。公にならないところでよろしくやってくれたほうが、ある意味健全なのかもしれない。

 テレビに出る機会も増えてきた今、これがキッカケでさらにファンが増えるかもしれない。でもその一方で、これまで彼を応援してきたファンを切り捨てる……と言うと言葉が悪いが、配信番組とはいえ、正直、今回の出演はリスクのほうが大きいことは確かだろう。

 番組出演にあたり、今月8日に更新されたブログでは、

「人として等身大で恋に挑戦することにしました。まだまだ未熟ですが、仕事も恋も頑張りますので変わらぬ応援をして頂けたら幸いです。恋愛解禁、皆さまあたたかく見守って頂けたら嬉しいです」

 とつづっていたおごたん。青春真っ只中の高校生活をすべて『テニミュ』に捧げた彼にとって、恋は“落ちるもの”でなく、“挑戦するもの”らしい。

 元プリンスは、オトナ女子の王子様になれるのだろうか……(なれなかったらそれはそれで「何だったんだ感」が残るだろう)。

 おごたんの“挑戦”が始まった、『私の年下王子さま Winter Lovers』#7 からレビューしてみたいと思う。


当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク