日本に最先端人材が集まる都市は誕生するか?「リニアコライダー誘致」が持つ本当の意味

 宮城県から岩手県にかけての北上山地に誘致活動が展開されている次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」。

 全長20kmの直線地下トンネルで電子と陽電子を衝突させることによって、噴出するさまざまな粒子を精密に観測するこの装置。未来の素粒子物理学を推進し、宇宙の成り立ちを解明する世界最先端の施設として、世界中から注目が集まっている。また、科学界だけでなく、『会長 島耕作』(講談社)でもリニアコライダー編が描かれるなど、にわかに社会からも熱視線が注がれつつあることをご存知だろうか。

 ただ今年3月、文部科学省は「現時点で日本誘致の表明には至らない」と見解を表明。「計画に関心を持って国際的な意見交換を継続する」と、事実上の「先送り」が決定された。

 この見解について、現場の科学者たちはどのように反応したのだろうか? そして、ILCが生まれることによって、どのような未来が生まれるのか? 素粒子物理学の最前線で活躍する東京大学素粒子物理国際研究センター特任教授の山下了氏に聞いた。

日本に最先端人材が集まる都市は誕生するか?「リニアコライダー誘致」が持つ本当の意味

■計画は「先送り」ではない!?

ーー19年3月7日に、文部科学省は「日本誘致の表明には至らない」としながら「国際的な意見交換を継続する」との見解を表明しました。一見すると「先送り」に見えるこの声明について、山下さんはどのように見られたのでしょうか?

山下:まず、声明自体は決してネガティブなものではないと考えています。文部科学省は、なんとか計画を残すために最大限の努力をしてくれた。そもそも、ILC計画は文部科学省の科学技術予算だけでは賄うことができず、省庁を横断した政策的判断が必要になります。今回必要だったのは誘致の表明ではなくて政府が関心を持っているという一言。そして国際的な議論を進めるということ。内情を知っている研究者からすれば、これは大きな前進でしょう。ただ、内情がわからない一般社会や外国からすると「ダメだったのか……」と受け取られてしまうかもしれません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 宮城県 イベント
  2. 宮城県 観光
日刊サイゾーの記事をもっと見る 2019年8月30日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事

「宮城県 + イベント」のおすすめ記事をもっと見る

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事

「宮城県 + 観光」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「奈良県」のニュース

次に読みたい関連記事「奈良県」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。