「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非

 前出の朝日新聞出版関係者はこう語る。

「たしかに、過去に朝日新書から出版した佐藤優氏の『創価学会と平和主義』がヒットしたので、二匹目のドジョウを狙いたい気持ちはわかりますが、ニュース週刊誌を標榜する『AERA』がいち宗教団体のトップを褒めちぎるだけの連載を35回も続けるのは、ジャーナリズムの放棄と言われても仕方ない。ただ、連載を始めてから低迷していた『AERA』の部数が回復基調のようなので、『毒まんじゅう』の効果はあるのでしょう。そのせいで、同じフロアにある『週刊朝日』やウェブニュースでも、今は創価学会の批判記事はダメという雰囲気が蔓延しています」

 4万部を割り込むことも多かったという「AERA」の部数が回復した背景に、池田氏を礼賛したことによる「学会パワー」があるのだとしたら、「朝日新聞出版が創価学会に魂を売った」というそしりは免れまい。だが、近年の佐藤氏が創価学会寄りの言論活動を展開しているのは周知の事実だ。

『創価学会を語る 佐藤優・松岡幹夫』(第三文明社)、『いま公明党が考えていること 佐藤優・山口那津男』(潮出版社)など創価学会系の媒体からも著書が出版されており、佐藤氏による「池田研究」がこのような批判を浴びることは想定できたはずである。朝日新聞出版は、なぜそうまでして創価学会にすり寄ることを決めたのか? その背景を親会社である朝日新聞の関係者はこう耳打ちする。

「上層部の1人が創価学会と昵懇だからですよ。情報交換と称して、学会幹部とよく酒席を共にしていて、そこで懐柔されてしまったのでしょう。過去に、週刊朝日や『AERA』で学会に対する批判めいた記事が掲載されそうになると、その人物が止めにかかろうとしていたのはよく知られています。『AERA』編集長の方針というよりは、もっと上の判断で決まった話です」

 全35回の連載が終了した暁には、間違いなく単行本化されるだろう。書店の棚にまた新たな「池田大作礼賛本」が加わることになる。言うまでもなく、佐藤氏の著作そのものは労作である。また創価学会が世界平和を願うことは「礼賛」に値する。ただ、雑誌ジャーナリズムを掲げる朝日新聞出版が一部の上層部による私的なつながりから、学会礼賛の片棒を担ぐのであれば、暗澹たる時代になったものである。

当時の記事を読む

日刊サイゾーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「AERA」の朝日新聞出版、上層部による私的なつながりで“創価学会礼賛”の是非」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    池田大作は2013年3月8日に死亡報道あった通り死亡してるんだろ?遺体遺棄、死体損壊罪だろ?生存してれば92歳か?

    3
  • 匿名さん 通報

    創価学会員らは死体遺棄、損壊罪になるんだろうな?逮捕まであと残す所7、8年か?気持ち悪い宗教だ

    3
  • 匿名さん 通報

    特に茅ヶ崎は創価学会員の母娘が多いらしいな?

    2
この記事にコメントする

もっと読む

「創価学会」に関する記事

「創価学会」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「創価学会」の記事

次に読みたい「創価学会」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日の社会記事

キーワード一覧

  1. 創価学会 結婚

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。