霜降り明星せいやの“Zoom自慰”で大御所2人の「都市伝説」が掘り起こされる事態に!
拡大する(全1枚)
吉本興業公式サイトより

 Zoomでファンの女性に自慰行為を見せつけた霜降り明星せいや。6月26日深夜放送のラジオ番組で、自身の騒動を釈明した。

「せいやは報道前後から食事でも味を感じなくなり、寝られない日々が続いていたことを告白。これがきっかけで仕事を続けられなくなるという不安に陥り、楽屋で『今までありがとう』と言って粗品やマネージャーと何度も握手したり、仕事終わりに粗品が乗ったタクシーの後ろ姿を“これが最後かもしれない”という思いで見送った日もあったそうです」(芸能ライター)

 ネット上では、「手越祐也の後釜で『イッテQ!』に出てほしい」「ミルクボーイせいやで再出発して」などと、いまだにネタにされっぱなしの状態だ。

 そんななか、一部ではせいやも顔負けの「自慰伝説」が掘り起こされているという。ベテランの芸能記者が言う。

「70年代にビッグスリーの一角として人気を博した歌手Aの『都市伝説』が話題となっているようです。フジテレビ系で放送されていた『スターどっきり(秘)報告』のターゲットとして、ホテルに一室にいるところを隠し撮りされていた時、Aが有料のアダルトチャンネルを見ながら自慰行為をしていたというもの。 当時アイドルとして人気を誇っていたAの自慰行為はさすがにテレビで放送できないとしてお蔵入りになったと言われています。

 似たような話では、純情派の代名詞だったアイドルBにも、ホテルの部屋のテレビがエロビデオしか写らないドッキリが仕掛けられた。テレビを点けたBがアタフタしたシーンを撮るはずが、映し出されたビデオを見ながらひとりで始めてしまったというもの。あくまで真偽不明での噂レベルの話ですが、あまりに広く拡散したため、当時は誰もが耳にしたことがあるほど有名なエピソードとなっていましたね」

 せいやは、自分の知らないところで過去の大御所にも迷惑をかけていたようだ。