NiziU、日テレの過剰ゴリ押しに業界内で反発? ソニー内部の軋轢を心配する声も
拡大する(全1枚)
NiziU「Make you happy」

 目下、大ブレイク中のガールズユニットNiziU。6月末にYouTubeで公開されたミュージックビデオ「Make you happy」は約1カ月で6700万回以上再生される大フィーバーぶりを見せている。この数字が証明するように、彼女たちの評判はすでに日本国内だけでなく、世界のK-Popファンにも届き始めているようだ。

 しかし、その一方で日本国内でのプロモーションについては、少々反発する声も聞こえてきている。

 韓国のJYPエンターテインメントとソニーミュージックの合同オーディション「Nizi Project」から誕生したNiziU。オーディションの様子は、HuluとYouTube、そして『スッキリ』『虹の架け橋』(日本テレビ系)で公開されていた。

「そもそも日テレがガッツリ絡んでいるプロジェクトなので、日本国内の地上波でのプロモーションは基本的に日テレばかり。これに反発の声が出ていて、ようは日テレのゴリ押しがひどすぎるのではないかと言われ始めているんです。

今夜くらべてみました』(7月29日放送回)はNiziU特集だったんですが、メンバーがスタジオに登場しないにもかかわらず、プロモーションのような内容を放送していた。いくらオーディションが盛り上がっていたからって、この待遇は新人アイドルグループとしては異例中の異例。ここまで“高く売る”というのはありえない。音楽業界内では反感を買いつつあります」(レコード会社関係者)