京阪神ビルディング、7期連続の「増配」を発表して、 配当利回り1.7%に! 年間配当は7年で2.2倍に増加、 2021年3月期は前期比4円増の「1株あたり31円」に!

       
 京阪神ビルディング(8818)は、2021年3月期の配当予想を修正して、前回予想比および前期比で「増配」とする予想を、2020年10月23日の13時40分に発表した。これにより、京阪神ビルディングの配当利回り(予想)は1.75%にアップし、”7期連続増配”の見通しとなった。

 京阪神ビルディングは、2021年3月期の予想配当を修正し、中間配当(9月・権利確定済み)が「13.5円」、期末配当(3月)が「17.5円」、合計の年間配当額は「1株あたり31円」とすると発表した。

 年間配当額の前回予想は「1株あたり27円」だったので、前回予想より「4円」の増配となる。今回の増配発表により、京阪神ビルディングの配当利回り(予想)は1.75%にアップした。

 また、京阪神ビルディングの2020年3月期の配当は「1株あたり27円」だったので、前期比でも「4円」の増配となる見込み。
【※関連記事はこちら!】
「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 京阪神ビルディングは今回、配当予想の修正とともに業績予想の修正も発表しており、営業利益・経常利益は前回予想を下回るものの、「2020年10月に投資有価証券の一部を売却したことにより、9億円の売却益を特別利益として計上」したことで当期純利益は前回予想を上回った。京阪神ビルディングは配当政策において「配当性向を従来比5~10pt引上げた35~40%とし、『安定性』、『継続性』を主とした配当方針」を掲げていることから、当期純利益の上方修正を受けて今回の増配が決まった形だ。

あわせて読みたい

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。