作家・橘玲×増原義剛対談 改正貸金業法は失敗だった! ポピュリズムに毒された政治の敗北

       

 そうなると、結局はどういう状況に陥ろうとも、国に頼らず個人あるいは企業が自助自立していくしかないのです。景気対策も国には頼らない。これが先ほど言った「持続可能性」の本質です。このことは意外と先ほどの話に通じるかもしれません。「おまえたち、上限金利規制や総量規制をしてもらわないと一人立ちできないのか」という部分とね。

橘 増原さんのような大蔵省から自民党の中枢にいらしたキャリアを持つ方が、「もうこれからは国に頼っても仕方がない、自分一人の力で生きていくしかない」とおっしゃる。これは年来の私の持論でもあるのですが、それを増原さんの口から聞かせていただいたということが、一種衝撃的な本日の議論の結論なのではないでしょうか。

クレジットエイジ 2012年11月12月号に掲載

(構成/川島直子 撮影/湯浅立志)

当時の記事を読む

ダイヤモンド・オンラインの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月1日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。