日産オーラにはなぜ「ノート」の冠が? ”分離”まで視野に入れた思い入れたっぷりの車名

日産オーラにはなぜ「ノート」の冠が? ”分離”まで視野に入れた思い入れたっぷりの車名
拡大する(全1枚)
クルマにおいてもっとも大切なのは、そのものの善し悪し。だが、販売するうえでそれ以上に大切といえるのが車名である。車名はユーザーとクルマを結びつける最初の接点であり、まず車名を覚えてもらわないことには販売にもつながらない。だから、特に新しい車名の場合、認知度を上げるために自動車メーカーは億単位のお金をかけて、CMなどの宣伝・広告を行っているという。

今回の新型車「ノート オーラ」も「オーラ(AURA)」という新たな車名(サブネーム)を導入。この車名には、じつはハンパではないほど力が入っている。

【画像】ノートと何が違う?ノートオーラを写真で見る

ノートオーラは、コンパクトカーの「ノート」に対して、内外装や装備内容、さらにエンジンで発電してモーターにより駆動する「e-POWER」のモーターの出力を向上させるなど、上級に仕立てたモデルである。ノートは2020年11月24日に発表(発売は12月23日)、ノートオーラは約半年遅れの2021年6月15日に発表(発売は21年秋)となったが、両車は同時に企画し、並行開発を行っている。

ノートはコンパクトカーを望む層に最適なクルマとして開発。一方でノートオーラは、今までにないプレミアムなコンパクト車として、これまでの上級車ユーザーにも満足してもらえるようなクルマを目指した。日産いわく、まったく別のクルマとして、モノづくりにチャレンジしてきたという。「ノートとノートオーラはまったく別のコンセプトなので、マーケティング戦略としても別名の新ブランド(=オーラ)でコミュニケーションを図るということを念頭に置いて企画・開発を進めてきました」(日産自動車 日本マーケティング本部 チーフマーケティングマネージャー 丸地隆史氏)。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク