GT-R 2022年モデル発表…究極の走りを追求した「Tスペック」とは何者か

GT-R 2022年モデル発表…究極の走りを追求した「Tスペック」とは何者か
拡大する(全1枚)
日産は2021年9月14日、GT-Rの2022年モデルを発表した。注目は「Tスペック」と命名された2台の特別仕様車「Track edition engineered by NISMO T-spec(1788万1600円)」と「Premium edition T-spec(1590万4900円)」の設定である。販売は2台合わせて100台限定の抽選販売で、抽選申し込み期間は2021年9月15日~9月29日までの2週間。抽選結果は10月上旬に販売会社経由で連絡し、販売は10月下旬からスタートする。

【画像】見た目はどう変わった?GT-R 2022年モデル

なお、2022年モデルのGT-R NISMO/同スペシャルエディションは2021年4月に先行公開され、8月5日の価格公開時にはオーダーの受け付けが終了している。

Tスペックは、商品企画の責任者を務める田村宏志チーフ・プロダクト・スペシャリストのイニシャルとの説も生まれそうだが、じつはR35 GT-R開発時の開発符号「TM」にちなんだもの。時代をリードする指標としての「Trend Maker(トレンドメーカー)」と、しっかりと地面をつかむというハードウェアの考え方を表した「Traction Master(トラクションマスター)」のイニシャルに由来していた。もともとは「TMスペック」と命名するアイデアもあったという。

今回のTスペックは、「トラクションマスター」という名前の由来のとおり、どんな路面状況においても、つねにトラクションがかけられるように仕上げた究極の走りを持つモデル。トラックエディションのTスペックは、NISMOからカーボンセラミックブレーキを含む足まわりを移植。従来オプションだったカーボン製のルーフ/トランクリッド/リヤスポイラーを標準装備とすることで、車両全体で約18㎏軽量化している。トラックエディションTスペックも、NISMOと同等の操縦安定性やブレーキ性能が実現できたという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク