ホンダがF1日本GPのタイトルスポンサーに! チケット一般販売は7月下旬を予定
拡大する(全1枚)
鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は、10月7~9日に開催される「2022 FIA F1世界選手権シリーズ 日本グランプリレース」のタイトルスポンサーに、本田技研工業が決定したと5月17日発表した。

これにより、大会名称は「2022 FIA F1 世界選手権シリーズ Honda 日本グランプリレース」(英文表記:Formula 1 Honda Japanese Grand Prix 2022)として開催される。

【画像】有終の美を飾った2021年シーズン

本田技研工業の執行職 コーポレートコミュニケーション統括部長 渡辺康治氏は、「今年で開場60周年を迎える鈴鹿サーキットで開催されるF1日本グランプリレースのタイトルスポンサーが、このたびHondaに決定したことを大変嬉しく思います。この大会では、Hondaがチームパートナーを務めるオラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリをはじめとする10チーム、そしてHondaのドライバー育成プログラムHFDP出身で初の母国凱旋レースを迎える角田裕毅選手を含む20名のドライバーが世界最高峰の走りを披露します。そのような素晴らしい大会に貢献することで、日本におけるモータースポーツのさらなる振興に寄与してまいります」とコメント。

ホンダモビリティランドの代表取締役社長 田中薫氏は、「このたび、鈴鹿サーキット開場60周年となる今年の日本グランプリが『Honda 日本グランプリ』の名で開催されることを大変嬉しく思 います。Honda Racing School Suzuka(旧SRS:鈴鹿サーキットレーシングスクール)出身で、母国凱旋レースを迎える角田裕毅選 手をはじめ、世界のトップドライバーが3年ぶりに鈴鹿サーキットに集結します。 ご来場いただく全ての皆様にお楽しみいただけるよう、準備を進めるとともに、今後も、世界中のファンに愛される鈴鹿であり続け、 モータースポーツ文化の繁栄に貢献できるよう、努力を続けてまいります」とコメントしている。

なお、チケット販売の案内は6月上旬に、一般販売開始は7月下旬を予定している。

〈文=ドライバーWeb編集部〉