bit

手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?

手持ち花火セット、なぜテープでくっついてる?
いよいよ花火のシーズン到来。これからはテープをはがすときに、ふと歴史を感じてしまいそうです。
ボール紙の台紙にテープで花火がくっつけられてる、手持ち花火のセット。うまくテープをはがせなかったり、花火をはがすとき花火の表面も一緒にはがれたり、はがしたつもりがもう1か所テープでくっついてたり……なんてこともしばしば。

どうしてボール紙とテープなんだろうか。束ねて袋に入れただけじゃダメ?
日本煙火協会に聞くと、こんな答えが返ってきた。
「もともと台紙を入れた理由は存じ上げませんが、ボール紙を台紙にすることで、花火が破損しないよう保護できるんです。袋に入れただけでは、花火が折れてしまったり、裂けてしまう危険があるので、安全性を高めるうえで台紙は重要な役割を持っています」

ただ、もとの理由は製造会社じゃないと分からないという。そこで、ネットで調べてみると、日本で初めて袋入りのセット花火を販売したという会社を発見。そのセット花火『チャイルドセット』を販売する、愛知県の株式会社稲垣屋に話を伺った。
「確かに、昭和32年に当社が販売した『チャイルドセット』が、業界で最初に売り出された台紙のセット花火かと思われます。そしてもとを辿ると、当社が昭和10(1935)年に販売を始めた、セロファン包装のセット花火がルーツになります」

昭和10年当時、手持ち花火は露店や駄菓子屋の店頭で売られていた。しかし単価が安いうえ、販売や管理が面倒なバラ売り花火は、大型店舗には不向きな商品。そこで(株)稲垣屋は、百貨店でも販売できるよう、ボール紙製の化粧箱入りセット花火を売り出した。深さ1cm程度の箱で、表面は中身の花火が良く見えるようセロファンで包装したものだった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年7月16日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース