bit

日焼け止めの表示方法に決まりはあるの?

夏の日焼けは美肌の大敵! 美しい肌を保つためには、日焼け対策は万全にしておきたいもの。対策グッズは数あれど、やはり使いやすいのは「日焼け止め」だろう。

日焼け止めには、紫外線防止効果を表すSPFとPAという2つの指標がある。「SPF30、PA++」などのように、それぞれ「数値」と「+の数」であらわされるのが一般的だ。しかし中には、「SPF50+」といった表示のモノも。SPFやPAの表記の仕方に決まりはないのだろうか?

そこで花王株式会社の商品広報部の方に問い合わせてみた。まずはSPFとPAの意味を再確認。
「SPFは“Sun Protection Factor”の略で、UV-Bをどの程度防止できるかを表す指標です。何も塗らないで日差しを浴びたときに、赤くなるまでにどれくらいの時間がかかったかに対し、その時間を何倍引き延ばせるかを示します」
たとえば、何も塗らずに25分で肌が赤くなりはじめる人が、SPF24のUVカット化粧品を塗ると、25分×24倍=600分、つまり10時間、肌が赤くなるのを防げることになる。

またPAは、“Protection grade of UVA”の略でUV-Aの防止効果の程度を示すもの。UV-A、UV-Bはいずれも紫外線の種類だ。強い日差しを浴びたときに一時的に赤くなったりするのはUV-Bの影響。一方、UV-Aは雲やガラスを透過するため、くもりの日や室内でも影響を及ぼし、肌に影響奥深く真皮まで届き、肌の老化をもたらす。ちなみに日焼け止めが「日焼け」に効果があるのは、紫外線を吸収する「UV吸収剤」と反射・散乱させる「UV散乱剤」が配合されているからなのだとか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク