bit

魚にも「人なつこいタイプ」がいる

魚にも「人なつこいタイプ」がいる
この手の「カオ」が、人なつこいタイプです。
人に、「人なつこい人」「そうでない人」がいるように、犬や猫にはわかりやすく「人なつこいタイプ」とそうでないタイプがいる。
でも、魚にもやっぱり「人なつこいタイプ」とそうでないタイプがいること、ご存知ですか。

たとえば、同じ金魚であっても、装飾の少ない「和金」などのタイプよりも、ヒラヒラぷっくり、まあるい「琉金」や「ピンポンパール」などのほうが、人に寄ってくる傾向が強い。
ペットショップや金魚屋の水槽の前で、手をヒラヒラさせてみると、明らかにわかる傾向なのだが、金魚のようにペットとして飼われる魚でなくとも、やはり種類によっての違いがあるらしいことは、以前から気になっていた。

たとえば、水族館に行くと、常に「友人」みたいな顔で寄ってくるのが、カワハギやフグなどのまあるい「ぷっくり系」。別に、自分の顔に親近感を覚えるとかではないだろうが、シュッとした流線型の魚は全然近づいてこない。

どういう傾向があるの? サンシャインシティ国際水族館のコミュニケーション部に聞いたところ、飼育担当者さんたちに確認したうえで、こんな回答をくれた。
「魚類の中でも、一般的な観賞魚や自然の中の魚とは違い、水族館で見られる魚について言うと、ご指摘の通り、カワハギやフグは慣れやすい傾向があるそうです」
この「人なつこさ」が具体的にどんなものかというと……。
「飼育の現場ですと、エサを毎日あげるわけですが、慣れてくると手にエサをのせてあげても、手から直接食べるほどだそうですよ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年10月10日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース