bit

体温って、耳で測るほうがなぜ早く出るの?

体温って、耳で測るほうがなぜ早く出るの?
ピピピピ……36度2分です。
病院などでときどき出合う「耳式体温計」。
瞬時にピピッと検温してくれ、非常に便利なものだ。
「こんなにも早く測れるなら、もっと耳式体温計が普及すれば良いのに」と思ったりもするが、金額的に脇で測るタイプより高いせいもあり、一般家庭で持っている人はまだまだ少ないのではないだろうか。

さらに、耳式と脇で測る体温では、差が生じることもあるようだ。
これはなぜなのか。

『知って得! 正しい医学知識』(盛隆出版)の著者で、医療法人社団池谷医院の池谷敏郎院長に聞いた。
「実測式の体温計は、測定部位の温度が、これ以上高くならないという状態まで測定した体温を示します。脇の場合は、10分前後の時間が必要です。一方、予測式の場合、開始後1分ほどの温度の上昇の程度から、10分後の測定温度を予測して、体温を表示します。そのため、1分程度で、ほぼ正しい体温を推定することができるんですよ」

耳式の場合は、耳の中の鼓膜の周囲の温度に相当して放出されている「赤外線の量」を測定することで、体の内部の温度、体温を表示するのだそうだ。
「赤外線」と聞くと、ちょっとギョッとするが、実は私たちの体からは、常に温度に見合った赤外線が出ているのだという。

では、そもそもなぜ、体温を測る際、これらの部位が選ばれるのかというと……。
「人の体は、部位によって体温が違うもの。手足や体の表面は低く、胸、心臓、腹部といった体内は、温度が高めに保たれています。体内の温度は安定しているため、できるだけこれに近い体温を測る必要があるんですよ」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年10月31日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース