bit

「あのきしめん」が、カップ麺に

「あのきしめん」が、カップ麺に
カップきしめん「名古屋駅でおなじみのきしめん」は、名古屋近郊のコンビニやスーパー、サービスエリア、名古屋駅売店などで発売中(税込221円)。自宅で名古屋駅気分が味わえます。
名古屋名物の代表格のひとつ、きしめん。

それで、どこのきしめんがうまいのか、といった話題になったときに、こう挙げる人は多い。
「やっぱり、名古屋駅のやつが一番うまいんじゃない」

そう、「名古屋駅のきしめん」、それも新幹線ホームの立ち食いきしめんが一番だ、という声をよくきく。
自分もそれ派で、出張取材などで名古屋に行くときに食べる頻度、かなり高い。具は基本的には油揚げにほうれん草、そして花かつおをまぶすといったシンプルな構成。なにが決め手なのかはいまひとつ分からないが、とにかくうまい気がする。

そんな「名古屋に行ったときの楽しみ」が売っていた。その名も、「名古屋駅でおなじみのきしめん」。そのまんまだ。
生タイプのカップ即席めんで、食べてみると、かつおだしの強い香りやツルンとした麺の食感など、「おお、近い!」と、名古屋駅を思わず思い出しそうな、再現度高い味。
「名古屋駅で」と、バッチリ商品名にうたってあるところからも、やっぱり冒頭の俗説「きしめんといえば名古屋駅」というのは正しいのだろうか。

発売元の寿がきや食品に、たずねてみたところ、発売は2005年とのこと。知らなかったな。この年は「愛・地球博」が開催された年で、愛知県に注目が集まった年でもあった。
「当社としましても、『名古屋めし』のひとつ、きしめんを全国のお客様に発信するために、インパクトのあるネーミングをということで、命名致しました」

なぜ「名古屋駅」なのかといえば、

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2008年11月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース