bit

百貨店で領収書を頼むと、店員がどこかに消える

百貨店で領収書を頼むと、店員がどこかに消える
領収書を発行するのにも、いろいろ手間がかかるのです。
デパートにて。

「領収書ください」
「かしこまりました。少々お待ちください」
店員さんがどこかに消え去り、数分経過……。

デパートでのこんな経験、したことはないだろうか。

これ、ちょっと前の『きらきらアフロ』でも、笑福亭鶴瓶が「どこ行くね〜ん!! 領収書、そこで書いてくれはったらいいんちゃうんか!」みたいなツッコミをしていたのだが、私も以前から領収書をお願いすると、いったいどこに行くんだろう? と、気になっていた。

ちなみに、「レシートタイプはすぐ出せるけど、手書きのものとなると、店員さんが遠くにとりにいってしまう」というパターンの店も多いが、ここで疑問。

なぜ手書きの領収書だと遠くに消えていくの? 手書き領収書だと、どんな処理の違いがあるの?

日本百貨店協会に聞いてみると……。
「領収書をどこで発行するかの違いは、各店で決めているもので、何か統一ルールがあるということではありません。大規模小売店などは集合レジ、サービスカウンターなどで発行していますが、百貨店では領収書をレジで出すところのほうが多いのではないでしょうか」
とのこと。

確かに、近年、新しいレジを使用している店においては、自動的にレジから領収書が出るというところは多い。
だが、自動ではないとはいえ、手書きの領収書だけ遠くにとるに行くのはなぜなのだろう。
レジから出るレシートタイプの領収書も、確定申告などに使える正式に通用するものだというのはわかるけど、「感熱紙だと消えてしまうかも」という不安も、ときにはある。

あわせて読みたい

  • 台湾の買い物に見る、独特の「お得感覚」

    台湾の買い物に見る、独特の「お得感覚」

  • コネタの記事をもっと見る 2009年1月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース