bit

「ゴックン」って、そもそもどういう音?

「ゴックン」って、そもそもどういう音?
結局、「ゴックン」はしたのでしょうか?
辞任を表明した中川元大臣関連のニュースで、たびたび耳にした、「ゴックンはしていません」というフレーズ。

この場合、「お酒は飲んでいない」という意味だったけど、もともとこの「ゴックン」という表現、赤ちゃんや子どもに飲み込むことを促すときにも「ゴックンしなさい」などと使うことが多い。

では、そもそも「ゴックン」ってどういう音なのだろう? 

声楽発声学を専門とし、『「裏声」のエロス』(集英社新書)著者で、「音痴矯正ドットコム」を運営するBCA教育研究所代表の高牧康さんは言う。
「実は『ゴックン』の『ゴッ』とは喉に流し込む直前の音で、『クン』は流し込んだ直後の音なのです。もっと正確に言えば、『ゴッ』とは食道に流し込む時に、間違って気道に流れ込まないように、喉頭(こうとう)、つまり喉仏が上がったときの音で、『クン』は飲み物が食道へ流れ落ちた後の喉頭が下がっている状態を指します」
気道などに間違って流れこまないよう、食道に正しく流すために「ゴッ」「クン」とやる、自然な音として生まれたもののよう。
「ついでに、咳払いなどの『ゴッホッ』の『ゴッ』の音の出るときは、喉頭は上がっています。匂いを嗅ぐときの『クン、クン』は音は出ませんが、喉頭は下がっています。食物が正しく食道に入ったときの香りを鼻腔(びこう)で確認しているのでしょう」
つまり、「ゴッ・クン」は、喉頭が上がり下がりする嚥下(えんげ)運動を音で説明しているものなのだとか。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月20日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。