bit

オーストラリア最古の迷路で迷ってきたよ

       
子どものころ、巨大迷路がブームだったが、最近はめったに見ない。懐かしく思っていたところ、なんでもオーストラリアに一風変わった迷路があると聞いて、実際に体験してきた。

メルボルンから車を約1時間走らせると、風光明媚なモーニントン半島に到着する。目的地である「アッシュコム・メイズ&ラベンダー・ガーデン」は、このエリアの人気観光スポットのひとつ。10万平方メートルを超える広大な庭園で、名前のとおりラベンダーをはじめ、様々な花や木々に彩られている。

ここでの人気は、なんといっても敷地内に3つある迷路。庭園の一部を使って迷路が作られており、「迷路を楽しみながら、同時に草花も鑑賞できる」というユニークなスタイルなのだ。

早速、私もチャレンジしてみることに。まずは世界初といわれる「円形バラ迷路」へ飛び込んだ。色や香りが異なる200種類あまりものバラ、約1,200株からできていて、遠くから見ると迷路とはわかりにくい。最初にみたとき、これはかなり楽勝だろうと思った。枝のすきまから向こう側が見えるし、そもそもバラの背も高くないので遠くを歩いている人の姿も確認できる。

……だが、迷った。ぐるぐると回った挙句に行き止まり、なんてこともよくあって、想像以上の難しさ。途中、同行者と隣り合った小道を歩いていたのに、まったく合流できなかった。もちろん最終的には無事ゴール。所要時間は10~15分程度だった。

続いて挑戦したのは、オーストラリアで最も古く、最も大きいという「生垣迷路」。こちらは生垣の高さが3mもあり、道も細い。先ほどに続き、だいぶ迷った末にクリアしたときは、予想以上の達成感だった。おそらく時間は20分前後だったはず。

ほかにも約3,000株、20種類のラベンダーから成るラベンダー迷路もあったが、前述の2つの迷路でお腹いっぱいになってしまったので今回はパス。

もちろん迷路のほかにも、広大な庭の散策もできるし、ラベンダーやバラを使ったグッズを扱うショップやアフタヌーン・ティーを楽しめるカフェもある。ガーデン・ツアーやラベンダー・オイルのデモンストレーションなどもあって、半日くらいはあっというまに過ぎてしまう。

自然豊かなオーストラリアらしい迷路。ぜひ一度迷い込んでみては?
(古屋江美子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年2月26日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。