bit

「熱海温泉」は福島にもある

福島にも「熱海」が、ある。

そうなのである。「熱海」といえば、今も根強い人気がある静岡県の温泉地のことが、まず頭に浮かぶ。「いいよなあ、ちょっと熱海にでも行きてぇよなぁ」という場合の「熱海」は、たいていこの、静岡県熱海市だ。

その熱海と同じ地名が、福島にもある。郡山からほど近い場所にあって、その名は、“バンダイアタミ”という。カナで書いちゃうとなんだか、「バンダイナムコゲームス」的な、バンダイの関連グループのようだが、「磐梯熱海」と書きます。「磐梯」は言うまでもなく、この地方を指す言葉だ。
しかも、このあたりを通りかかったときに、「ようこそ 磐梯熱海温泉へ」といった看板も誇らしげに掲げられているのを見た。地名だけでなく、“温泉”というところまでキャラかぶりなのか。

静岡のほうの熱海は、温暖な気候に恵まれた地域であるいっぽう、このあたりは冬場の積雪量もそれなりに多い寒い地域。気候的にはずいぶんかけ離れている両都市が、どうして「熱海」という、同じ地名を名乗るに至ったのだろうか。

「福島の『磐梯熱海』の名前は、静岡の『熱海』からつけられているんですよ」

福島の歴史に詳しい、ある郷土史家の方が教えてくれた。偶然同じ地名になったのではなく、福島版・熱海は、静岡の熱海がもとになって成り立っていたのである。

この磐梯熱海温泉が出来たのは、今から800年ほど前のこと。前出の郷土史家は言う。
「源頼朝の家臣だった、伊東祐長という人物がこの地を治めることになったんですが、その伊東の出身地が、静岡の熱海だったので、それにちなんでつけられたということなんです」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク