bit

カセットテープ型のDJミキサーでミックスしてみる

DJミキサーをご存知だろうか? 

DJミキサーとは、音楽をミックスする時などに使用され、ノンストップで曲を流したい時に、曲と曲をつなぐ役割を担っている。そのDJミキサーにカセットテープの形をしたものがある。それが『Urban DJ Portable Cross-Fader』だ。

以前、Bitにて「カセットテープ型USBメモリー」を紹介したのだが、今度はDJミキサーだ。つくづく思う。カセットテープのデザインってカッコいいな、やっぱり。

さて、このカセットテープ型のDJミキサーがあると何ができるのか? という話だが、簡単に言うと、MP3プレイヤーを2台つなげば、ちょっとしたDJセットができあがってしまうのである。

販売店である株式会社ダンスミュージックレコード(以下DMR)の舟木さんはこう語る。

「『Urban DJ Portable Cross-Fader』は、カセットテープの形をした小型DJミキサーです。iPodなどのMP3プレイヤーや携帯電話2つをつなぎ、音楽をミックスすることができます。単4電池2本で動くので、いつでもどこでもミキシングが楽しめます。この季節、お花見で活躍させてみてもいいのではないでしょうか?」

MP3プレイヤーを2台も持っていないという人もいるかもしれないが、最近では音楽プレイヤーになる携帯電話も多い。携帯電話+iPodという組み合わせはいいかもしれない。

さっそく『Urban DJ Portable Cross-Fader』をとりよせてみた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク