bit

韓国で「熊みたいな人」と言えば?

       
みなさんは熊という動物に対して、どのようなイメージをお持ちだろうか。

プーさんやリラックマなど、愛らしい姿で登場することの多い熊に、多くの日本人は「かわいい」というイメージを持っているのでは。村上春樹の小説の中に「春の熊くらい好き」という有名な表現もあるけれど、熊にはそんなハートフルなイメージがつきものだ。
またある人は、熊に対し「強い」というイメージを持っているかもしれない。「身体が大きい」「毛むくじゃら」と見た目そのままの連想をする人もいるかもしれないが、いずれにせよ熊という動物には、日本人は概ねプラスのイメージを持っているのではと思う。

ところがこちら韓国では、日本と同様に熊のキャラクターが愛される一方で、「熊みたいな人」と言えば、あまりいい意味ではない。
小学館発行の『ポケットプログレッシブ韓日・日韓辞典』を読むと、「コム(韓国語で熊)」の2番目の項目には「(嘲笑して)のろま、とんま」とあり、例文として「クマのように愚かなやつ」と書かれている。
韓国人の頭の中には、「熊=愚か者」という公式が存在するようなのだ。

では実際の熊は、頭や身体の動きが遅いのだろうか? ソウル動物園で熊やレッサーパンダを担当する飼育士さんに質問すると、「そんなことはありません、熊はとても素早いですよ。この動物園で一番怖い動物かもしれません」との答え。
「韓国では確かに、熊はのろまで賢くないというイメージを持っている人が多いですね。でもそれは誤解です」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月10日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。