bit

いま、どこの旅館の食事でも見かけるアレについて

いま、どこの旅館の食事でも見かけるアレについて
旅館の食事で、今ではかかせない存在です。
定額給付金の支給や、高速料金の1000円サービスなども手伝い、GWに旅行に出かけた人も多いことだろう。

ところで、いま、「旅館の食事」に、必ずといって良いほど登場するものといえば?

海でも山でも、季節も問わず、出てくるもの――そう、一人用の鍋の下にある「卓上固形燃料」である。

これ、そもそもいつからあるのだろうか。
卓上固形燃料を開発したニイタカによると、もともとキャンプ用などの固形燃料はあったようものの、旅館用・卓上のものが開発されたのは、1972年。

「創業者が旅館に泊まった際、当時は当然ながら固形燃料などなかったため、料理がしばらくすると冷めてしまうことを残念に思ったそうです。そこで、なんとかあたたかく提供できないかと、キャンプ用の固形燃料をヒントに、思いついたようです」
と、経営企画課の佐古さんは言う。

とはいえ、最初から今のカタチだったわけではない。
「最初は一斗缶にベタッと流し込んで、固めるようなタイプでした。それを旅館の人が、スプーンですくって小分けして使っていたんですよ」
これは手間がかかるうえ、手も汚れて、大変な作業になる。そこで、「なんとかならないの?」という声に応え、74年に登場したのが、固形燃料を小さく切った「角切り」タイプなのだそうだ。
「ただ、『角切り』タイプも、燃料そのものを切っただけだったので、手でつかむと、アルコールがついてしまいます。そのため、1980年には、これをフィルムにくるんで製品化。さらに82年に、今のような円柱型でアルミ箔に入ったものが登場しました」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年5月11日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース