bit

ハンコを押すときのベストな力のかけ方

こないだハンコを押したら、力いっぱい押しすぎて端の方が欠けてしまった。銀行口座につかっているものだったので、かなりショックである。

力いっぱい押すとハンコが欠けてしまうし、かといって力が弱いと印影が欠けてしまう。意外と奥が深い、ハンコのベストな押し方について考察する。

まず、どれくらいの力をかけるのが適切なのかを、捺印マット販売元の(有)イコーワークスに問い合わせてみた。担当者の方によると、「ハンコの材質や大きさにもよりますが、通常の捺印マットの上で押印する場合、およそ5~20キログラムの力をかけるのが適切だと言われています」とのこと。成人男性の腕の重さが3~4キログラムであるといわれているので、ハンコにはかなりの重みがかかると言える。また、20キログラムというのは、「かなりギューッと力を入れ」ないとかからないらしく、社印などの大きなハンコの場合は相当、がんばらないといけないようだ。

この押印の動作を行う上で、もっとも疲れるのはどこかというと、指先。ハンコが滑らないよう、ギュッとつかむ必要があるからだそうで、指の腱が相当疲れるらしい。指先以外でも、人によって微妙に力の掛け方が変わるため、肩こりになったり、腹筋が痛くなったりすることもあるみたいだ。

また、単に力をかければよいというものではなく、ハンコ全体に均一に力をかける必要がある。イコーワークス担当者さんによると、「不慣れな人の場合ですと、押印面に目線がいき、ハンコが斜めになってしまいがちです」とのことで、垂直に押すためのトレーニングもある程度必要なようだ。よい方法としては、指先で「の」の字を書くように力を入れるというのがある。しかし、これをやりすぎるとハンコの端に力がかかりすぎて、ハンコが欠けてしまうこともあるので、注意が必要である。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク