bit

ドリンク剤を飲むベストタイミングって?

ドリンク剤を飲むベストタイミングって?

日々、運動に忙しい77歳の父は、毎日ドリンク剤とバナナ、牛乳を欠かさない。そんな父に先日、こんな質問をされた。

「ドリンク剤は、運動する前に飲んだほうが良いのかな。それとも疲れた後が良いのかな」

「好きなときで良いんじゃない? モノによるよね」などと適当な返事をしてみたが、毎日欠かさず飲んでいるほどの人であれば、「少しでも効果を高めたい」と思うのは、当然のこと。
実際、いつ飲むのがベストなのか。

リポビタンDの大正製薬に聞いてみた


リポビタンDシリーズでおなじみの大正製薬に聞いた。

「リポビタンシリーズの場合、一般的には疲れた後、すぐに飲むと、早く疲労回復ができる商品としてご紹介しています。ビタミンB1、B2などが入っていると、元気が出る効果が期待できるんですよ」

もちろん夜眠る前に飲む人もいるが、
「ドリンク剤にはカフェインがだいたいコーヒー1杯分ぐらい入っているので、カフェインで眠れなくなるという方は、夜ではなく、仕事や運動の後、あるいは、朝飲むなどが良いと思います」
前日の疲れが残っている人、慢性的な疲れの人などには、「体調を整える」という意味で、毎朝飲む人もいるのだとか。

毎日飲んでいると、効き目が薄れないのかとちょっと気になるけど……。
「基本的にはビタミンが主なので、効き目が薄まることはないですね。どちらかというと、続けて飲むことで、不調を改善したり、心臓・肝臓機能を早く回復させ、整えるという意味があります」


ユンケルの佐藤製薬にも聞いてみた


さらに、同じ質問をユンケルシリーズでおなじみの佐藤製薬にしてみた。
「ユンケルの場合、ユンケル黄帝液といって、滋養強壮に効果のある動物性生と植物性生薬、ビタミンを配合したものが基本になっています。飲むタイミングには特にきまりはないですが、いちばん効果を実感しやすいのは、朝に特別なイベントがあるときなど、『頑張ろう』という前、疲れた直後ですね」
ただし、「動物性生薬の多いもの」「ビタミンの多いもの」と、成分によって使い分けはできるそうだ。
「たとえば、『ユンケルファンティ』のように、マムシの抽出物、ジャコウネコの腺分泌物、ローヤルゼリーなど、動物性生薬の多いものは血液量増加の効果があり、覚醒などの意味もあります。一方、疲れをとるには、ビタミンB1、B2、B6、葉酸などのビタミンB群が効果的です」

ところで、ドリンク剤というと、みんな同じようなサイズのものばかりだが、これは「ドリンク剤は100ml以下」と医薬品の製造基準で決められているから。
たくさん飲めば良いってもんでも、当然ながら、ない。

ちなみに、大正製薬の調査によると、リポビタンDの服用シーンとして多いのは「風邪のとき」などで、特に女性は「夜寝る前」が1位だったのだとか。
そうした需要に対し、近年は、「寝る前に飲んでも睡眠を妨げないノンカフェタイプ」などが、各社から出されている。


ドリンク剤、基本的にはいつ飲んでも良いわけだけど、どうせなら、用途・目的に合わせて成分チェックをしてみては?
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク