bit

オナラ発生! 立つか、伏せるか、避難方法は?

オナラ発生! 立つか、伏せるか、避難方法は?
写真は硫黄臭漂う、箱根・大湧谷(イメージです)。
たとえば、エレベーターの中で。

どこからともなくプーンと漂ってきたとき、見ず知らずの人のオナラであれば、あからさまに鼻をつまむわけにも、ハンカチを顔にあてるわけにもいかないだろう。
だが、これが自宅での出来事で、お父さんや夫、彼氏などの常日頃浴びせられているオナラだとしたら? 「いかに避けるか」は、けっこう重要な問題ではないだろうか。

自分の場合、身近でオナラをされるときの注意として「屁が出ると思ったら別室でしてきてくれ」と頼むことがあるのだが、移動するゆとりがないときというのも、当然あるはずだ。
また、移動してくれたは良いが、脱衣所やトイレなど、狭い場所で放たれて、ずっと充満していた……なんて恐ろしいケースもある。
そこで、てっとり早く、「屁がくるときは、立つか、尻を上にあげてくれ」と頼んだりするが、オナラが本当に上にあがっていくかは、自信がない。
『知って得! 正しい医学知識』(成隆出版)著者で、医療法人社団池谷医院の池谷敏郎院長に聞いた。

「オナラが出たとき、お尻にわざわざ顔をくっつけて嗅ぐ人はいないでしょうが、匂いは漂ってきます。これは空気と混ざってしまうから。ちなみに、昔は汲み取り式のトイレで、糞尿が化学変化を起こし、可燃性のメタンガスが発生して、爆発した……なんてこともあったんですよ」
オナラの成分の1つ、「メタンガス」の空気に対する比重は、0.555。空気より軽いわけで、「だったら、身を低くしたり、伏せたりして避ければ良いのか」と思うのだが、ことはそれほど単純ではないらしい。...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年6月10日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース