bit

歩行者信号から流れるメロディー、いくつ知ってます?

歩行者信号から流れるメロディー、いくつ知ってます?
あなたの町の信号からは、どんな旋律が奏でられているだろうか?
歩行者信号では、青信号であることを音で知らせてくれるものがある。高齢者の方や目の不自由な方でも、安全に道路を横断してもらうためのもので、大きな交差点や、公共施設の近くを中心に設置されている。

この信号機から流れる音、どれくらいの種類があるのだろうか? 信号機メーカーに問い合わせてみた。

「最も有名なものですと、『とおりゃんせ』『故郷の空』がございます。また、『カッコー』『ピヨピヨ』という鳥の鳴き声のものも皆さんご存知かと思います。また、地域によってはこれ以外のメロディーを使っているところもあるようです」とのこと。地域限定メロディーの一例として、例えば横浜市には、『赤い靴』が流れる信号機があるらしい。これ以外にも、静岡には『富士山』、青森には『乙女の祈り』など、限定メロディーはいくつか存在する。

この音は、誰がどうやって決めているのだろうか? 信号機メーカーの方いわく、「都道府県警の方から依頼を受けて製作をしておりますが、詳細は申し上げかねます……」とのこと。そこで、『赤い靴』のメロディーを導入している神奈川県警に問い合わせてみたところ、「基本的には県警で決定し、メーカーに製作を依頼しておりますが、それまでに観光協会の方と意見交換をしたり、公募をしたりして、市民の方からのご意見を取り入れるようにしております」のだそうだ。ちなみに、『赤い靴』については、「山下公園の周辺に、いくつか『赤い靴』が流れる信号機があるようです」とのこと。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2009年6月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース